第18海戦・万全なる出撃・・・!?

category: 太平洋戦記  

おいっす~ぅぅ♪ 毎度お世話になっております、栗林でございます。

さて、今回はまたまた懲りずに・・・

太平洋!!

そう、苫小牧!! って言ったらハモっしょ!!

MIYAさんの奥様から・・・   『 ☆三つですッ!! 』 

っと、高評価を頂いたハモ(マアナゴ)のお味。 

( オイラも初めて食べた時は想像以上に旨かったからハマったんだけど♪ )

MIYA婦人  『 ソイはもういいから、ハモ釣ってきて♪ 』

との言葉をありがたく頂戴し、それに賛同する男・栗林!! そして久々の同行・N松さん!!

前回の苫小牧では竿を出すどころか大雨に祟られたこのメンバーの運命や如何に・・・

では、今日もごゆるりとご覧下さい♪




平成22年9月14日(火) 18:00~25:30

わはははは~、快晴ですよ!! この日は快晴だったんです♪

『 え? 雨じゃないの? 』 って突っ込まれそうですが、本当に見事な快晴ですよ。

雨無し、風無し、気温も25度前後と非常に釣りをするには最高の天気です。

完璧です。 

万全です。

今日行って釣れないワケがないぃぃ!! ( 何の根拠もないが )

オイラが前夜からの夜勤明けで退社する際にMIYAさんへメール。

栗林 『 この天気やばいっす・・・ 完璧です。 』  と、メールで心くすぐっておきました(笑)



そして自宅に帰ってからN松さんと少し電話で話をしてると、釣りに行きたいっていうもんだから

とりあえずMIYA隊長からの返事を待とうということで一旦電話を切る。

この間に少し仮眠と思い少し横になる。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

メール受信~♪ 『 (MIYAさん) 準備万端です。起きたら連絡下さい。 』

おおぉぉっと!! やっぱりMIYAさん食いつきました(笑) そりゃそうだ、こんな抜群の

コンディションを見逃すお方ではございませんよね!

オイラも小一時間の仮眠から目覚め、早速MIYAさんに連絡を取り 『 阿吽(あうん)の呼吸 』

で出撃体制はあっちゅ~間に整った!!(笑) 流石にこれだけご一緒に釣行してたら互いの性格とか

理解できちゃうんですかね(笑)

そしてN松さんにもスクランブル出撃命令!! 普通の女性なら戸惑うかと思うんですが

N松さん本人曰く、『 あたし男ですもん 』 ・・・ ですって(爆) 恐れ入りました・・・。



そうと決まったら話しは早い。 30分後くらいには既に高速乗って走ってました!!

向かうはやはり苫小牧。TAKAさん情報ではまだハモ釣りはイケるという話しを聞いていたから

前回の悪天候のリベンジっすよ~! 

ホント早いもので1時間かからず苫小牧へ到着♪ 高速道路って便利だね~。

まずはイソメ購入。イカやサンマも効果的と、以前一郎師匠からアドバイス頂いていたが

それほどハモの魚影は濃いものではないであろうと、ちょっと弱気モードだったかな・・・。

でもでも、過去エビ塩粉で締めたイソメで釣果が出てるもん。 きっと大丈夫だろ!

勿論ロックもやる気はあるのでJIGやワームを少し補充し、コンビニで人間のエサも補給完了。

場所は前回MIYAさん、カオルさん、TAKAさんから報告頂いた場所から少しフェリー埠頭側の

方へズレた岸壁からやってみることに。

DSCN1946_convert_20100922000259.jpg
画像悪い(腕悪い)っすね・・・。 一応ココは苫小牧ですんで(笑)
  
MIYAさん投げ竿1本に、栗林は投げ竿2本の計3本で勝負じゃ!!

N松さんはリベロってことでロックやったり投げ竿見張り番やったりと自由気ままに釣りを

楽しんでもらおうかと♪ 

まず投げ竿は12時方向、中投してあたりを待つことに。そうは早くアタリは来ないだろうと

その間にヘチロックでもやったるかいと5gJIGに久々使用だったが、アクア投入!!

ゆっくり、そして幅広く探ってみる。 一箇所排水が時折排出されている場所があったので

そこから重点的に攻めてると・・・

コツン!



DSCN1945_convert_20100922000415.jpg
載せるのもお恥ずかしいマイクロソイちゃんっすわ(笑) でも嬉しかったなぁ~☆


その後、更に同じようなサイズのソイを釣って(写真はとらず)とりあえずはボーズ回避(笑)

姑息な手段ですがホントここ最近魚の顔を拝んでいないと思うとなんとか釣りたいって思いますもん。

次回はサイズアップ狙って頑張りますけどね!

さて、投げ竿の方はというと時折小魚?と思わせるアタリ(エサ取り)のような動きが少しだけ・・・

ハモさんは何処へ・・・?

太平洋もやはり水温が高いのか、釣った小ソイの魚体もやはりあったかかったもんなぁ。

これも温暖化現象なのか、やはり深刻に受け止めなければなりませんね皆さん!!

これじゃイカンと、時折サビいたりエサを付け替えて投げ直したりと攻めの投げ釣りへと変更!!

そしてまた放置・・・みたいな(笑)

またヒマ潰しにロックでもやろうかとN松さんに竿番を頼む。

DSCN1947_convert_20100922000457_convert_20100922030948.jpg
『 ハモォォ!! 何処行った~!! 釣らせてー!! 』 っとN松さん(笑)

あれ、そういえばMIYAさんの状況は?っとお思いの方。

DSCN1948_convert_20100922000538.jpg
勿論奮闘中!! 投げ竿の反応はと聞くと? 『 ない・・・ 』 だそうです(爆)

ん~キビシイっすなぁ・・・

時間も気付けば21:00近くじゃん!! こりゃ~ヤバイ!! 

『 敗北 』 の二文字が皆の脳裏に浮かぶ!!




結果この場所での釣果は・・・

MIYAさんは 『 ツブ貝・1匹 』

栗林は     『 ドジョウのようなハモ1匹と小ソイ2匹・・・ 』

N松さんは   『 ボーズ・・・ 』





このままでは帰らない。 いや!! 帰れない!!

ちょうど大型船が停泊する時間となった為か、係員に退去命令を受けたので対岸側の菱中側の岸壁へ

移動することにした。 さっきの場所では釣り人は誰も居なかったが、コチラ側は結構居たようだ。

時間的にもう22:00頃ってことで時合が終わったのか、片付けて帰る仕度をしている方も見られた。

でもどうだ、活気がない!!

釣れて満足顔で帰るような人は見受けられなかった。

ん~ますますプレッシャーが掛かるなぁ・・・

それでもやってみましょうと、MIYAさん・栗林それぞれ投げ竿1本ずつ用意して今度は

フルキャスト大会(笑) 今年サイコーの振りができたかな? ロックやってると投げ竿の投げる

感覚ってわすれちゃいますわ。

N松さんも粘りのロックで探り続けます!! それにすかさずオイラも加勢!!

MIYAさんは完全にハモオンリーの体制!! 竿先凝視ッスわ(爆)




でもでも、ロックじゃさっぱりアタリがない~のよね~・・・

アブでも出るかなぁ~なんて淡い期待を抱いたオイラが馬鹿だったか・・・。

こういうフィールドの広い釣り場って普段慣れていないもんだからすごい難しく思うんですよね。

探るのも一苦労だし、誘いパターンやワームを変えながらやってると時間が足りない。

苫小牧や室蘭、岩内。近場だと石狩・小樽とか? 有名大型港とは相性悪いみたい・・・。




ため息交じりでフっと投げ竿へ目をやると・・・

ククンッ っと動いた!!

ってゆーか動いたように見えた。

なんだべ~と思いながら放置していた投げ竿を煽る。

『 んん? なんか重いな。 あ、ヒトデか?? 』

どうした、どうしたとMIYAさん、N松さんが寄ってくる。

『 いや~多分ヒトデっすわ・・・ 』

なぁんて言いながら巻いてくると、ラインに何か絡まってる!!

N松さん 『 あ!! あたしのラインだ!! ごめんなさい!! 』

あらら、お祭りしちゃってたんだ。 どうりで竿先が動いたわけっすね~

N松さんのラインを外し、残念そうにリールを再び巻き始めるも・・・まだ重いぞ!!

バシャッツっと出てきたのは・・・

















DSCN1949_convert_20100922000715.jpg
やったー☆ ハモォォ!! 待ってたよぉぉ(涙)!!

あ、上がこの時掛かったハモ。40cm越えたくらいかな?

下はさっきの場所でつれたドジョウハモ(笑)

右上に見えるのが・・・ MIYAさんが上げた 『 ツブ貝 』 です。。。




いや~良かった☆ ここまでが長かったけど、ようやく本命でサイズもまぁまぁかなと一安心♪

しかしMIYAさんにはこの日まともなアタリが一回も無いとの事・・・。

悔しがるMIYAさん。

その後、余りのアタリの無さ、そして魚影の薄さに・・・





MIYAさんが壊れました(爆)

※MIYAさんの何が、どう壊れたか・・・までは本人のプライバシー尊守の為、公表できません。




リハビリを兼ねれるかどうかはわかりませんでしたが、最後は菱中造船所前の漁港からロックで

何でもいいから魚を釣って帰ろう!!っという非常に志低い連中(笑)と化してましたが

どうかこの状況の渋さ、そして我々の心中をどうかお察し下さい(爆)!!

早速各々準備してテトラファイトを開始。

数頭目でアタリは出たものの、小さかったのか乗せられず・・・。

ソイでもいるだろうと青緑パルスで手っ取り早く仕掛けたが、思いのほか反応無し!!

MIYAさん、N松さんに至っては全く反応すら感じられない模様で・・・

















oh_no_03.jpg
お ・ て ・ あ ・ げ ♪

ここでの泣きの小1時時間勝負も、これにて完全降服!!

もう為す術がありませんでした。 まだまだ僕らは未熟ってことですね・・・。

また修行し直して出直します。。。




でもね、

この日受けた心の傷が癒えるまで、しばらく苫小牧は来ない・・・かも(爆)




あぁ、魚を釣って癒されたい・・・


  『 泣くな!! また明日があるさッ!! 』 っと思った方は あ、ポチっとな♪(笑) 

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2010_09_22

Comments

>餌木麿さんへ 

>餌木麿さんへ

おばんです☆

いやぁ、お恥ずかしい釣果で!!(汗

大苦戦してなんとか小ソイ!! そしてハモ!!

釣れない釣りって疲れますね~・・・

でもハモ美味しかったです♪
栗林  URL   2010-09-24 22:47  

>turboさんへ 

>turboさんへ

おばんです☆ ハモ・・・やっとこさって感じでしたが

なんとか釣ることができました。

投げ釣りって技術もさることながら、運も持ってなきゃ

ダメじゃないかと改めて思いました。。。
栗林  URL   2010-09-24 22:44  

 

一箇所排水が時折排出されている場所
  ↑
餌木麿も狙いましたが×

菱中造船所前の漁港
 ↑
ブログの影響かかなり人気スポット
みんな行ってますねぇ

ハモおめでとうございます
餌木麿  URL   2010-09-22 19:41  

 

ハモ釣れたじゃないですか~!!
やりますね!(^u^)
turbo  URL   2010-09-22 08:47  

 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者

自己紹介

栗林

Author:栗林
バナー
『 潮風殺菌倶楽部 』
    管理人・栗林と申します。

現在、北海道札幌市を占拠中。
メインフィールドは北は留萌方面から西は積丹半島へと出撃!! 時折太平洋にも出撃するとかしないとか??  ヘナチョコな腕前でどこまで通用するのか!? 試行錯誤の日々・・・ 
さぁみんな!! 時間(妻)の許す限り釣りに行くぞ~!

潮風殺菌カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

最近の記事+コメント

栗林へ直通電報

名前:
メール:
件名:
本文:

釣りにまつわる名言


『一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。』
『三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。』
『永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。』
中国 古諺

義務!! 1日1クリック♪

GyoNetBlog ランキングバナー 人気ブログランキングへ

活動状況

現在時刻





総記事数:




ライブカメラ

天気予報

タイドグラフ

SHIMANO TV

広告バナー




page
top