第16海戦・雷雨の中での負け戦・・・

category: 日本海戦記  

むむむッ!!

いかんいかん!! 

オイラの記憶が残っているウチに、さっさと過去出撃記録を書かねば!!

あ、どうも栗林ですがな~。

やぁね、もう今は9月中旬ですがまだ過去2戦の釣行記事が書けていないのよ。

もう出稿迫られる漫画家のような気分です・・・

なのでサクッと書いちゃいますんで(笑)

あまり内容は濃いものではないので、いつもの栗林を想像しながらお読み頂けると幸いです。





平成22年8月30日(月) 20:30~26:30

この日の天気予報は当初 『 曇り/一時雨 』 みたいな感じだったのよ?

でも釣行当日ったらね、もう雨マークしかない・・・

夏の激務で皆病んじゃてたもんだから、とにかく釣りがしたくってね。

※皆って書いたけど、オレとMIYAさんくらいか?(笑)

まぁこんな悪条件でも釣りに行けるツワモノったら、私栗林を筆頭にMIYA隊長!!・・・だけ。

でも夜7時くらいの札幌は雨は無く、こりゃ以外と行けるかも??

なので久々にK崎さんをお誘いすることに。



K崎さん 『 オレはベストコンディションじゃなきゃ釣りしないっすよぉ~ 』

栗林・MIYA 『 何甘いこといってやがる!! いぐぞぉぉゴルァァ!! 』



っと、強制連行(爆)!!

まぁ車に乗せちゃえばこっちのもんよ~♪   ・・・って。

K崎さんを車に乗せて走り出した瞬間に・・・



『 ポツッ・・・  ポツッ・・・ 』



(゚д゚;)ェェェェェェェェエエエッ!!?? 

栗林・MIYAさん愕然(笑)!!

それを見るな否や・・・

K崎さん 『 だから言ったじゃないっすかぁぁぁぁ!!!Σ(´□` ) 』




出発早々から先行き不安の中、車は一路小樽方面へ。

小樽市内では時折サーッと霧雨程度の雨が降っているものの、外は蒸し暑い!!

そして遠く積丹方面?倶知安方面? では雷が光ってるではないか。

雨雲レーダーで見たときは積丹半島側から東へ向かって雨雲が流れ込む予報だったので

一先ず小樽・厩岩壁へ。そこで状況が良ければ北防波堤にでも上がろうかという魂胆だった。

しかし皆竿を出すか、出さないかのような表情をしてるのでオイラが先人切ってロッドを組み、

キャストしようとしたその時・・・!!



ビカビカーーーッ!!!!! 



スゴイ稲光!! そして雷鳴がゴロゴロ~っと鳴ったのにビビりまして・・・

竿出して、即納竿!! その後 『 オレがやる!! 』 っとMIYAさんが挑戦しますが・・・

ボク以上の稲光・雷鳴がキャストの瞬間にキタこれーーーーーーー!!

はい、スイマセン。ごめんなさい神様・・・。すぐ片付けますから・・・。




その後雨雲が接近してきたのか、小樽も少しずつ雨脚が強まってきた。

一旦車内に入で作戦を練ることに。

携帯で雨雲の動きをチェックしながら、このまま逆に積丹方面へ突撃して早めに雨雲が切れた

その時が勝負だ、と結論が出る。ある意味苦汁の決断であり、負け戦の序章に過ぎないが・・・




走り出して余市~古平まで結構な本降りです・・・

こりゃ竿も出せずして終わるのかぁ~!?っと思いましたが、続く美国へ来ると雨は上がった後の

ようで降ってない!! よっしゃ!! 読み通りだ!!

早速皆急いで準備してキャスト開始ー!!



しかし雨と美国港は川が近いせいか海水は激濁り状態。。。

当然ながら人はだ~れもいまへんわぃ。完全貸切状態!!(笑)あたりめーか。

サクっと釣って楽しみたいっていうのもあり、最近常用しているガルプ『 青緑パルス 』に

5gJIGで探ってると、数投目ボトム付近でバイトがあるもののHITせず・・・。

外灯下⇒ヘチ⇒堤防先端と歩きながら探り続ける。

反応は無いね・・・。 MIYAさん・K崎さん共に苦戦中。



そうこうしてると後方山側からザーッっと音が聞こえ始めたと思ったら土砂降りの雨が接近

してくるのが見えるじゃない!! そしてあっという間に雨に打たれる!!

ジャンパーは着てたので 『 もういいや濡れても・・・ 』 と、もうどうにでもなれ状態(笑)

靴もグショグショっすよー。まぁ気温が高いせいか濡れても然程気にならなかったかなオイラは。

気付けばMIYAさん・K崎さんが防波堤先端まで行ってる! 遅れて合流するも聞けば反応は

さっぱり無いそうです。



いくつかのポイントでワームをローテーションして探ってきたので、またここで先頭へ戻し

青緑パルスで堤防影の足元へ落とし込むと・・・

ググッ!! っと即バイト!!

22センチくらいのクロソイでした~(ボウズ回避ぃ!!)☆

※あ、雨が凄くて防水カメラじゃないもんですから画像はありません・・・あしからず。



その後、MIYAさんにようやくバイト発生するもフッキング合わずすっぽ抜けた模様!!

そしてK崎さんは何やらスゲー重そうにロッドを曲げてる!! でもなんか魚じゃないような・・・

とにかく竿の曲がりだけは物凄い大物を掛けた感じに見えます!!

本人も 『 魚じゃないなぁ。なんだろ・・・ 』 と、上がってきたのは・・・

なんとリールじゃんか!! (5000番~6000番くらいの大型リール)

ダメよ・・・こんなに海に投げ捨てちゃ・・・。



結果なんとか生物(クロソイ)が1匹釣れただけで美国終了・・・。

帰り古平をまた覗くも激濁り!! 雨も結構強いしダメだこりゃ・・・。

半分以上このまま帰宅の空気が漂う中、忍路まで戻ってくると雨は降ってないじゃん!!

泣きの1回っと漁港への道を曲がる。



着けば雨風ともに無し! 先客1名が船陰狙いでロック中でした。

状況聞けばアタリはあるとの事だったので、心折れかけたK崎さんに頭を下げつつ泣きの1回勝負開始!!

際や船のフチから落とし込むとココッっと反応はあるが、小さいね・・・

堤防先端まで行き、ボトム付近を攻めたいんだけどね~ここ根掛りひどいのよ・・・

でも美国からしてそうだけど、水温が高い!! ぬるいぜコリャ!!

ボトム付近より表層から中層メインで狙おうかと、ワームをエコギアBTS(イワシ)に変え

スイミングで探ってみることに。

MIYAさん・K崎さんは・・・ ありゃ?もう心が折れてますね・・・

K崎さんに至っては竿片付けちゃってますし(爆)

なんとかここでサプライズを!!っとMIYAさんと最後ラストスパートで気合で探る!!

キャスト~ キャスト~ キャスト~・・・



ほんと反応ないね・・・(ノД`)



やっぱダメかぁ~なんて思いつつ、中層より少し下(根掛りしてもいいか・・・と)を意識して

ゆっくりスイミングを掛けていると・・・



グイッ!!



ん!? キタ!

すかさずロッドを煽り合わせる!!

結構な手応えを感じながらリーリング。

しかしあまりロッドを通して魚のアクションが感じられない・・・

以前もそうだったが、ここでハチガラを釣った時と似た感触だったのだ。



これはもしや・・・!?



ドキドキしながら巻いてくる!!

MIYAさんもロッドのしなりを見て興奮!! 

しかし!!



フッ・・・ っとフックアウト・・・




















さぁさぁ、帰りますか・・・

無言で車にもどる3人でした。。。


  『 実はさ、MIYAさんが「雨男」!? 』 っと思った方は あ、ポチっとな♪(笑) 

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2010_09_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者

自己紹介

栗林

Author:栗林
バナー
『 潮風殺菌倶楽部 』
    管理人・栗林と申します。

現在、北海道札幌市を占拠中。
メインフィールドは北は留萌方面から西は積丹半島へと出撃!! 時折太平洋にも出撃するとかしないとか??  ヘナチョコな腕前でどこまで通用するのか!? 試行錯誤の日々・・・ 
さぁみんな!! 時間(妻)の許す限り釣りに行くぞ~!

潮風殺菌カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

最近の記事+コメント

栗林へ直通電報

名前:
メール:
件名:
本文:

釣りにまつわる名言


『一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。』
『三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。』
『永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。』
中国 古諺

義務!! 1日1クリック♪

GyoNetBlog ランキングバナー 人気ブログランキングへ

活動状況

現在時刻





総記事数:




ライブカメラ

天気予報

タイドグラフ

SHIMANO TV

広告バナー




page
top